マンスリーマンションは初期費用が基本0円で手軽に入居出来ます

ダイニングキッチン

マンスリーマンションの初期費用に関するメリット

身一つで入居も可能なマンスリーマンションにお得に住みたいなら「マンスリーマンション 千葉」で検索してみてください。ペット可などの条件でもお得に住むことができるマンスリーマンションの情報が多数載っているサイトなので、お探しの方は必見ですよ。

賃貸の住宅に入居する際には、様々な初期費用が求められる事が多いです。当然ですが、賃貸の住宅には家賃があるでしょう。それを毎月支払っていく事になるのですが、実はそれは物件に入居する前段階で支払う事にもなるのです。なぜなら、敷金などが必要になってくるからです。物件に対しては、様々な損傷などは考えられるでしょう。住民の方々が物件に対して傷をつけてしまえば、様々な補修が必要になってきます。そのための敷金が必要なのですが、大抵それは家賃1ヶ月や2ヶ月分になるのですね。ですので入居段階で、まとまったお金が必要なケースも多々あります。
マンスリーマンションの場合は、その最初に必要なお金に関するメリットがあるのです。そのタイプの物件の場合、大抵は初期費用は求められません。一応最初の段階で、デポジットというお金が必要になるケースはあります。しかしそれも、上記の敷金などと比べると、かなり低めな事が多いのですね。マンスリーマンションの物件によっては、3万円位以下のデポジット金と設定されている事もあります。初期費用を抑えることができれば、それだけ手軽に入居する事も可能でしょう。比較的簡単に入居開始できるのは、マンスリーマンションの特徴の1つと言えます。

私が以前住んでいた千葉のマンスリーマンション

私は以前、千葉にあるマンスリーマンションに住んでいた事があります。千葉でも東京に比較的近い距離にあるマンションに住んでいました。きっかけは、以前に住んでいた住宅の不便さです。駅からかなり離れた場所に立地している住宅でしたので、通勤が非常に大変であったのです。ところが、私が着目したマンスリーマンションは、とにかく交通アクセスが優れていました。駅から3分も歩かない場所に立地していましたし、その駅自体が非常に便利なのです。何と言っても多くの路線で利用する事ができる駅なので、どこに行くにも非常に便利な場所であった訳です。それで私はその物件に住む事になりましたが、総じて住み心地は良かったと思います。まず家具などが幅広く揃っていたのは、少し驚きました。ベッドや電子レンジまで完備されているとは思っていなかったからです。
それと、今考えれば料金も格安だったと思います。電気代などが全て家賃に含まれているので、たとえ電気なども多めに使っても、それほど1ヶ月の負担などは大きくありませんでした。ちなみにその物件は、賃料は7万円台でした。交通アクセスが良い上に賃料も低めなので、とても良い物件だったと思います。受験勉強の為に上京する学生にも、便利なのが千葉のマンスリーマンションだと思いました。

郊外エリアのマンスリーマンションは間取りは広め

物件探しをするとなると、地域は意外と大きなポイントになってきます。一部の地域では、面積が広めの物件が多く見つかることもあるからです。一般的に都心部エリアの場合は、やや面積は小さめな傾向があります。全ての物件の面積が小さい訳でもありませんが、やはり平均的な間取りは狭めです。逆に郊外エリアの場合は、面積が広めの物件も数多く見られます。東京地域などではめったに見かけない広さの物件も、少し離れた地域ならば多く見つかることもあるのです。ではマンスリーマンションの場合はどうかと言うと、おおむね同じ傾向と考えて良いでしょう。というのも次のようなデータがあるのです。7平米メートルと9平米と8平米と10平米と13平米です。この5つの数字が何を示すかというと、東京の都心部にあるマンスリーマンションの間取りです。完全アトランダムな数字で、間違いありません。
ところが東京から離れたエリアとなると、次のような数字になるのです。15平米と20平米と18平米と17平米と23平米です。これも完全にアトランダムに抽出したものです。ご覧の通り東京から離れた地域の方が、明らかに間取りが広めになっています。ですのでやや広い間取りのマンスリーマンションが望ましい時には、郊外エリアに着目してみると良いでしょう。

トピックス

TOP